2019年6月25日火曜日

本多静六博士の功績を訪ねての学習会に参加して


今回の下流圏会員親睦学習会に参加した草野の感想です。

本多静六博士は、1952年(昭和27年)に85才でお亡くなりになっているので、住む場所は遠く離れているが私は博士と同じ空気をしばらくは吸っていたことになる。

本多静六博士
 
   林学の祖として尊敬してやまない博士のことは高校時代「育林」の授業の中で、恩師から「赤松亡国論」の主張者として教えられて、森林や林業への探究心が芽生えた当時の私の脳裏に強烈な印象として残り、いつか博士の功績に触れてみたいと思っていて、今回それが実現した。

「赤松亡国論」は本当の論文名は「我国地力ノ衰弱と赤松」であるが何時しか歪曲されておどろおどろしいものにされたものの森林・造林施策に対する警鐘でありその趣旨は森林・林業に携わるものとして現代でも心しておかなければならないものである。

博士は、鉄道林の造成提案などの林学分野ばかりでなく全国(海外)の公園の造成、風景策による地方振興への功績も偉大である。携わった公園設計と風景策は、全国に75箇所に及ぶ。大沼公園(北海道七飯町)、鶴ヶ城公園(福島県会津若松)、敷島公園(群馬県前橋市)、日比谷公園(東京都)、明治神宮の森(東京都)、森林公園と奥秩父(埼玉県秩父市)、懐古園(長野県小諸市),天竜峡風景利用策(長野県飯田市)、舞鶴公園改良(愛知県名古屋市),箕面公園(大阪府箕面市)、六甲山公園設計(兵庫県神戸市)、大濠公園(福岡県福岡市)、湯布院温泉(大分県湯布市)、霧島公園(鹿児島県霧島市)、南山公園(韓国ソウル市)と全国津々浦々にわたり博士の設計で現在の日本の公園風景がある。正に「公園の父」である。

本多静六記念館の写真にもあるように「月給の4分の1天引き貯金」のように財産形成法も有名であるが残された人生訓も敬服するものが多い。
 
 

写真にあるもの以外でいくつかを紹介。

あせらず怠らず 長い道を辛抱強く 進んでいくよりほかはない。

人間は活動するところ、そこに必ず新しい希望が生まれてくる。

もし老人のゆえをもって 安穏怠惰な生活を送ろうとするならば それは取りも直さず人生の退歩を意味する。

人は気の持ち方一つで 陽気にもなり陰気にもなり 愉快にも悲しくもなるものである。

今回の学習会は各施設で説明者に恵まれ濃密で有意義なものであった。
 
                                        文責 草野

 

 「日本の林学・公園の父本多静六博士と資本主義の父渋沢栄一翁の功績を訪ねて」


下流圏会員親睦楽習会実施報告

 
 今年度からの新企画、下流圏会員親睦学習会。その第一回は「日本の林学・公園の父本多静六博士と資本主義の父渋沢栄一翁の功績を訪ねて」と題し、6月15・16日の両日、9名の参加で実施しました。

初日は雨模様の中、9時に久喜駅に集合した参加者は車2台で出発。最初の目的地は、岩槻にある木力館(きりょくかん)」という木の博物館。さっそく大槻忠男館長から説明を受けました。
 
木力館で大槻館長の人生観あふれる話を聞く
 

大槻館長は昭和30年に材木屋に就職、体で覚えた仕事が好きになり、昭和41年に独立して()大忠を創業しました。
 
巨大な桑の根っこの前で
 

大槻館長は、人工乾燥は木を殺すので、木材は天然乾燥に限ること。海外では家は地元の大工が建てるのが当たり前。どんな住宅も一律に瑕疵担保10年はおかしいことなど、五感で体得してきた経験をもとに、利害関係の絡んだ業界の問題点も含めてわかりやすく語っていただきました。
 
 

その後、車で五分ほどの見学用の家に移動。囲炉裏の周りに腰を降ろし、木の温もりを感じながらのひと時を過ごしました。
新築日本家屋の囲炉裏を囲んで

木の香りの中でのお茶の時間
 続いて、元荒川、古利根川を渡って松伏町へ。松伏町は古利根川と江戸川に挟まれた地域で、間を中川が流れています。通ってきた川は流れが堤防の両端までかかり、水位も高く感じますが、町職員の小林さんによれば、この付近は水害に見舞われてきた歴史があり、いつも通りの流れとのことです。

昼食は、周辺の町からも客がくる人気の蕎麦屋「桂」。名物の鴨汁蕎麦は、濃厚なつけ汁と薄切りの鴨肉がよく合って美味しかったです。

県営緑の丘公園の脇を通り、農協の直売所で買い物をしてから、東北道・圏央道・関越道と高速を乗り継いで一路秩父へ。

夕方、秩父神社に到着すると、ようやく雨も小降りになり、拝殿前でお参りした後、神職さんより説明をいただきました。左甚五郎作と伝える彫刻の施された重文の御社殿は、今年の7月より5年計画で彫刻等の修理保存作業が始まるとのことす。
秩父神社で説明を受ける
その後は、今日宿泊する民宿「展望の宿 すぎな」へ。夕食後の交流会では、草野塾長が秩父神社前の酒屋で求めた秩父錦とフルボディのワインを美味しく頂戴しました。

二日目は、雨上がりの清々しい朝を迎えました。

8時半に宿を出発し、最初に萩原の諏訪神社にある茅葺きの歌舞伎舞台を見学。他に神社の本殿なども茅葺きで、屋根は少し傷んでいますが、田舎歌舞伎が奉納される10月は、大いに賑わうようです。
 
萩平の歌舞伎舞台
 続いて長瀞経由で道沿いの景色を楽しみながら渋沢栄一記念館のある深谷市へ。途中、「花植木街道」や「コスモス街道」を通り、トウモロコシ畑やネギ畑が見えたところが深谷市。利根川までほど近い血洗島に澁澤栄一記念館があります。
澁沢栄一記念館
 
 

平成29年に上皇上皇后両陛下が視察されていますが、明治の初めに宮中での御養蚕が復興される際に、政府中枢に養蚕のわかる人間がいないため、養蚕農家の生まれで、富岡製糸場開設に関わった澁澤が相談役をつとめたとのことです。記念館では解説員に説明をいただいて30分ほど見学。続いて車で直ぐの中家(なかんち)と呼ばれる澁澤の生家へも足を延ばしました。
 
澁澤栄一の生家
 
 

続いて、今度は麦畑が目立つ下道を通って久喜方面へ。昼食をとった後、最後の目的地、久喜市菖蒲支所庁舎5階の本多静六記念館へ。本多静六の生い立ちと、首掛けイチョウで有名な日比谷公園をはじめ日本全土に及ぶ業績が、わかりやすく展示されていました。
本多静六博士
 
 

庁舎前の広場で開催されていた観光協会のイベント「アヤメ・ラベンダーフェスティバル」も併せて見学し、内容盛りだくさんの楽習会となりました。
 
菖蒲支所前広場ではイベントが
 
企画に協力いただきました会友の小林哲也さんに心から感謝申し上げます。
 
                           (稲記)

2019年6月9日日曜日

新緑の中歩道づくりと腐葉土散布

活動報告6月1日、2日、参加者12名

6月の上ノ原は、ススキが全面を覆い野焼きの跡もわわからなくなる。
その中にワラビが顔を出している。それを目当てにワラビ狩りの来訪者が多い。この日も広場には10台近い車と草原の中を動く人影が目立つ。後背地のミズナラ林は新緑がまぶしい。上ノ原が大好きであるが、体調の関係で参加できない伊賀さんが「まるで青虫のはらわたの中にいるみたい」とのつぶやきは絶妙な表現である。
この時季の上ノ原茅場


 今回の作業は、昨年9月に途中まで作った歩道を延長すること、もう一つは、広場の西側の斜面のススキの成長を促すために周囲のミズナラ林から落ち葉(腐葉土)を運び出して散布する作業である。この斜面はなぜかほかの場所に比べてススキの背丈が低く細い。道路に近く、比較的平坦で作業がしやすいことからすすきがよく刈り取られる場所でもある。刈取りが続くと地上部が持ち出される収奪により栄養分が不足する。やせた土地に生育するススキでも収奪が続くと栄養不足になるのではないか。肥料散布をもできるが化学肥料には抵抗がある。林縁部や灌木があるところのススキの成長が良いことから発想して、試しに落ち葉を撒いてみることにした。
 
 参加者の女性陣にミズナラ林でお落ち葉を掻き寄せ土嚢袋に詰めてもらい、男性陣がそれを運び散布する。「おばぁ達は山で柴刈り、おじぃ達は、運んで撒く」である。
落ち葉集め

効率よく落ち葉を袋に入れるにはコツがある



 考えてみると 昔、むかしの農業は里山から落ち葉や草を運び畑や田んぼに入れて肥料にしていた。今回はそれをススキ草原に施肥するという伝統農法ではないだろうか。もちろんリスクもある。肥沃を好まないススキの土壌環境が変わること、落ち葉の中の埋没種や雑草の種が競争相手となること、などであるが、今回は完全な腐葉土でなくまだ分解前の落ち葉を撒いたので一緒に運ばれた土壌生物や菌類がじっくりと分解してくれるだろうから環境の急激な変化は避けれれるだろう。落ち葉掻きしたところの環境も変わるのでひょっとしたらキノコや珍しい植物が出てくるかも。

落ち葉撒き

すすき成長促進試験地



 本来なら、試験設計をきちんと作り散布量の違いと生育の関係の分析が必要だろうが今回は試行である。効果があるかどうかが定性的にわかればよい。2時間半の作業で約120m2(36坪)に散布が終わった。

 余った時間を利用して、「ははその泉」から「木馬道」を散策。今年の上ノ原はタニウツギがまだ蕾で季節が遅いようであるがウワミズザクラとトチノキが花盛りであった。
今年はウワミズザクラの花が多い

 この日の宿は、奈倉、ご主人の朴訥な人柄と自採りの山菜料理が魅力の宿、この夜もたくさんの山菜や手作りこんにゃく、奥様の豊富な経験からの山菜や料理の解説で楽しませていただいた。 そして、この夜は、車座講座・交流会を開店間もない「居酒屋パル」で行った。店主の久保さんの藤原移住までのいきさつや藤原への想いを聞きながら賑やかかな一夜を過ごした。
居酒屋パルでの交流会

 2日目は、歩道の延長作業。これまで何度も経験した作業とあって参加者の段取りは手慣れたもの。横木を伐り、杭を造り、必要なところには階段を造り、地面をならす。この歩道は、将来、森林セラピーの散策路として活用する計画であるり、それを考慮して今回、丸太を並べた座観場所も作っておいた。これは10月の麗澤学園のFWで使ってみよう。
歩道づくり



 作業終了後、林齢が高い森の「青虫のはらわたの中」を散策、ホウノキの白い大きな花も見ることができた。
青虫のはらわたの中を散策

ホウノキの花

 昼食は奈倉のカレー、ご主人の手作りこんにゃく、今朝わざわざ採りに行っていただいたミズ(ウワバミソウ)のお土産がうれしい。
地元の人が作った飲水思源手拭の帽子

 

2019年5月27日月曜日

五感を使って樹木観察会 麗澤中1年生

 5月18日、五月晴れ、千葉県柏市にある麗澤学園中学校1年生の樹木観察会を行いました。今年の新1年生は、 4クラス、153名、入学後初めての中間テストを終わってホッとした気分の中行われました。
 塾のメンバーと協力いただくインストラクターは15名で、そのうち7名は1週間前にキャンパスを下見してどのようにインストラクションするかを検討してこの日に臨みました。
 麗澤中の樹木観察のインストラクションのポイントは「五感を使う」こと。「五感」とは「視覚」「味覚」「触覚」「嗅覚」「「聴覚」のことですが、これをキャンパスの樹木や自然観察をしながら体験させます。
 視覚は樹木、花、虫、土壌などを目でみることなのでこれが観察の大部分です。
味覚は、葉っぱや花蜜などを口に入れてみなければなりませんが今の子供たちには抵抗があります。もちろん、何でもかんでも口に入れさせられません。触覚は木の肌などに触れさせることですがこれもなぜか直ぐにはできない。嗅覚は、花や葉っぱの良い香りは問題ないがドクダミや土の臭いは躊躇しておっかなびっくりである。難しいのは聴覚、聞こうとすれば風にそよぐ葉の音、虫の羽音、鳥の声などであるがこれを聞き取れる子は感覚がすでに鋭いといってもいい。樹木の肌に耳をくっつけると
梢を渡る風の音(水があがる音ではない)が聞こえるはず、生徒達に、五感を使って
観察しながら「ほかの大事な感覚を使おう」と呼びかけてみました。
見たもの、きいたもの味わったものがなぜそうなのだろう。他との違いはなんだろう、これからどうなるのだろうと思いを巡らすことで五感で感じたものが生きてくる。見ていても見えない、聞いていても聞こえない状態のままにしない。
  五感を使った樹木観察をアカメガシワで再現してみましょう。


 アカメガシワ(写真)
 視覚 : ① 若い葉が赤い色している 
        ②よく見ると葉の上をアリがたむろしている
        ③葉柄が長い 
       これらから次のことを考えさせる
       ・赤いのはなぜ?
       ・赤い葉で光合成はできているか(少し上級)
       ・アリは何をしている?
       ・葉柄が長いことのメリットは?  
 味覚 : 若い葉を食べさせてみる(山菜のひとつ)
       ・味はないが柔らかい
 触覚 : 赤い葉を触らせる
       ・ザラザラした毛がある これは何? 何のためにある?
 聴覚 : 耳を澄ませて長い葉柄で揺れる葉の音を聞かせる
       ・サラサラという葉が揺れる音が聞こえる
       ・なぜ揺れる易いようにしている?
 嗅覚 : 葉っぱをもんで嗅がせる
       ・さわやかな香りがする。何の香り何だろう?
       
 五感を使う時、知覚、つまり「考えさせる」まで誘導してパイオニア樹種である
 アカメガシワの成長戦略を説明する。
 早く成長しなければならないパイオニア樹種にとっては葉は光合成をする大事なと 
 ころ、毛(星状毛)は若いおいしいをだべる虫や未だ未熟な若い葉の組織を強い紫 
 外線から守っている。
  葉に密線をもってアリを呼び寄せて、毛虫などを捕捉させている。
 長い葉柄は葉が重ならないで光を浴びられる。長い葉柄はは風に揺れやすく葉の 
 裏の二酸化炭素を入れ替えている。

 パイオニア樹種の生存戦略から森林遷移を説明することもできるし、葉を食器や食物をつつむのに使った人間の暮らしとの関係まで説明が可能である。
 
 麗澤学園のキャンパスは広大で東京ドームの10倍の広さのなかに多様でたくさんの樹木や草花、灌木から大木まであり自然豊か、ミニ森林もあり森林土壌が存在しミニ森林生態系も存在しています。したがって、微生物、土壌動物などの分解者、それを捕食する小動物、鳥類がいてミニ森林生態系が出来ている。蛇やトカゲも見られる、神宮の森のようにオオタカがいてもおかしくない。
朝下見の時に見た蛇「ヒカギリ」(体長20cmの大人)
かまれたらその日限りで死ぬというので名前がついたようだが毒蛇でない


動物や鳥や風が運んだと思われる樹木があちこちに見られ、稚樹のそばには母樹があり、自然のダイナミックで繊細な動きが感じられる。五感を使ってこのことが感じられるようになってほしい。でもことは簡単ではない、ニッケイを食べない、林の中に入りたがらない、虫に触れない、土壌を手に載せようとするとひっこめる子がいる。それでも段々と抵抗がなくなり進んで土に触り、葉っぱの分解の様子やそれを営む虫を見つけて手で慈しむ子が出てきたり、教室に帰り、振り返りの時間に観察で集めた葉っぱなどをイラスト風に張ったグループも出てきたのはうれしい。
教室での振り返り
 
 
生徒たちの作品
 
それぞれの葉の特徴をとらえた作品

 今年のキャンパスはエゴノキ、ホオノキなどの花が良く見えて、それを訪れる昆虫が多くてとても助かった。
エゴノキの清楚な花 たくさんのハナバチが訪花していた

めった実みられないホオノキの花(雌雄異熟の雄花の状態)
この付近には高貴な香りが漂う

 
種も大きなプロペラ状のメグスリノキやカエデ、イヌシデの種が見られて風で飛ぶ仕組みも説明しやすかった。その仕上げラワンの模型でのタネ飛ばしでありストリー性のあるインストラクションをすることが出来ました。
模型で風を使った種が飛ぶ様子を体験

 10月には紅葉の中でスケールが大きいみなかみ藤原の自然の中で、湧水や沢から水と森の関係や樹木、森林土壌、動物の存在痕跡から森の営みを体験してもらいます。

2019年5月5日日曜日

賑やかで充実した野焼で「平成」を締めくくり


2019年3月16日に上の原の茅場が文化庁の「ふるさと文化財の森」に認定された。これは、全国の文化財を修復するために必要な資材を安定的に供給するための制度で、木材や檜皮,茅,漆などの産地全国76カ所が設定されており、上ノ原を含む4カ所が新たに設定されている

新たなステータスを得た上ノ原で「令和」を目前にした429日、「平成」最後の野焼きが無事に終了した。

春になって、藤原は43日の4月としては記録的な53cmの積雪、10日前後にも低温と降雪により上ノ原の雪解けは進まなかった。固まった雪の表面を重機でかく乱することによりその後の気温の上昇で雪解けは急速に進む

10連休の真っ最中の427日、前日入りして、今年の野焼箇所のBブロック(町道と林道に囲まれた区画)や常設防火帯を見回ると、残雪は思ったより少なく野焼面は充分に確保できるが地面やススキの湿りが大きい。雪によるススキの倒伏状態もいつもより激しいようだ。それでも28日の好天の予報に乾燥が進むと判断して、仮設防火帯を縦に2本、横に1本作り6小区画に区分することにして、刈払機で地面をこするようにして刈り、可燃物を焼失面に掻き込み地面を露出させる作業にとりかかった。ほどなくすると雪が降りはじめ一次吹雪模様でうっすらと積雪する中、17時近く、誰かの「まだやるの」の声がかかるころ仮設防火帯がほぼ完成した。
 
「参加者の中に神官の方はいませんか~」 一年の安全と収穫を祈る山之口開
 
雪が舞う中の防火帯刈り
 

28日は、晴天、気温も高い。一度上ノ原に行き、準備作業をしているところに参加者の一人から「新幹線が動かない、復旧の見通しも立っていない」との緊急連絡、とりあえず、上毛高原に行くと、変電所の停電事故で運行停止、それからの小一時間は参加者に在来線に切り替えるように連絡するのにてんやわんや。

それでも12時半ごろには全員が揃い、はじまりの式、山の口開き、ミーティングを行い作業開始。作業は常設、仮設防火帯からの可燃物のかき込みとウツギなど除伐、ついでに遊ぼう(棒)パン用の棒の採取である。15時には作業もおわり、藤岡さんが午前中に仕込んだパン生地を棒に巻き付けて焼く、遊ぼうパンと岡田さんの野点を楽しんだ。
野焼きの前の作業 可燃物掻き寄せ

灌木除去

遊ぼう(棒)パンでもぐもぐタイム



今回の野焼きのゲストは多彩な顔触れと多くの初参加者で賑わった。そのなかの一人が塾メンバーの尾島さんがネパールですっかり気に入って招へいした好青年、トレッキングガイドのSubushさん。彼は、2週間の滞在中、桜の季節の会津やみなかみでアウトドア―を体験して、前日入りで野焼の作業を手伝ってもらった。勤勉な性格で力持ちで実によく働いてくれた。参加者も好感を持ってくれたようだ。

会津の桜を楽しんだスバスさん(右)

野焼きで太鼓を披露するスバスさん
 

国立環境研究所の西廣先生は二人の韓国からの留学生、茨城自然博物館の小幡さんは、同僚と森林総合研究所の研究者を同行、岐阜大の津田先生は大学院学生を同行、日本自然保護協会の朱宮さんは家族を同行、そのほか、昆虫と植物の相関関係を研究テーマにする大学院生もいてアカデミック色が強く出ていた。

初参加者も多く、中でも子供たちと、親と、夫婦で、家族一緒で参加したグループがほほえましい。一度参加した人がお友達を同行するケースも増えたのはとてもうれしい。北山さんのPRも効いて地元藤原の方の見学者も多くあった。
若者が薪割挑戦 なかなかの腰つき
 

今回は、毎日新聞の記者の方も取材に来ていただいて54日の朝刊の特集に掲載された。

その夜、宿泊参加者44名に、みなかみ役場高田課長ほか2人、共愛学園前橋国際大学の学生サークル藤原集落応援隊6人も加わった大人数で行われた交流会は、みなかみユネスコエコパーク、ふるさと文化財の森をメインテーマの大いに盛り上がった。

さて、29日、好天に恵まれ、ネパールの祈りの旗「タルチョ」がまるで黄色いハンカチを模したようにはためく中の野焼本番である。
 
タルチョ(馬風旗)がたなびき安全を祈る
 

「タルチョ(風馬旗)」とはチベットの五色の祈祷旗のことで、寺院や橋などによく飾られている。 青・白・赤・緑・黄の順に並んでいてそれぞれが天・風・火・水・地を表し、木版印刷により願い事や六字大明呪と呼ばれる仏教の呪文や、虎、麒麟、鳳凰、龍などが描かれていて経文が書かれている場合は風にはためく度に読経したことになる。今回は、尾島さんにネパールで直接購入してもらった。

地面やススキの湿り気は相変わらずだが幸いに気温も上昇気味、4者協議のGoサインも発せられ、着火隊、ジェットシュター隊、レーキ延焼防止隊が揃って、920分ごろ、カラマツ林に隣接して面積が一番広い小区画①から着火、林道わき上部を帯状に焼き、Aブロックへの延焼を防ぎ、常設防火帯、仮設防火帯に沿って同じく帯状に焼き、区画の斜面下真ん中あたりに火を着けて一気に燃やしていくつもりだったが、やはり湿り気が多く、火力が弱いので薄い落葉は焼けるがススキの稈(かん)が焼けずに残ってしまう、いつもの舞い上がるような炎も少ない。安全だが迫力がない、それでもススキの稈がはじける「パチパチ」という音が聞こえているので野焼の効果は十分にあるだろう。
 
安全な作業のためミーティング
 
 
帯状に焼失面を作る
 
湿っていて炎が上がらない

未黒野出現

 

②~⑥と縞焼き法で次々と焼いていき縞焼き法を実践確認する。出動してくれた消防団の放水の出番もなく11時には鎮火を確認して平成最後の野焼き気も無事に終わった。

この日は、支援をいただいているイオン環境財団の方が視察され、塾の活動と人脈を評価してもらうととともに藤原地域に触れあっていただいた。
 
イオン環境財団の方々
 

今年の野焼きを表現すると「ミディアム」であったものの、比較的広い面積(推定2.4ha)の野焼きを仮設防火帯と小区画縞焼き法の効果を実践で確認できたこと。 多様な参加者があって人のチカラが塾の運営のチカラとなることことを確信できたことである。

10連休の真っ最中にもかかわらず全面的な協力をいただいたみなかみ町役場、出動いただいた藤原消防団、大勢で押し寄せ、面倒なことをお願いした吉野屋さんに心から感謝いたします。