2018年8月4日土曜日

汗だくの防火帯整備 -安全な野焼のために-

今年の夏はとにかく暑い、体温を超えるのが当たり前になっている。
人間は、家、オフイス、車、電車と冷房の効いたカプセル状の空間から空間に移動して過ごしている。冷房の効いた空間はまるでシェルターになってしまった。
 標高1050mの上ノ原は過ごしやすいかと思ったら34度。風もない。灼熱の草原となっていた。ススキも葉を丸めて日焼けを避けているようだ。今年の茅の出来具合が心配だ。

この時季の上ノ原は清涼感に満ちているはずだが
今年は暑さが邪魔している


温度計は34度


 7月21日、22日、真夏の茅場の維持作業、重労働の「防火帯刈払い」を行った。
参加者は刈払機の取り扱いがベテランの域に達した8名とこの時季の草原風景が大好きな5名。刈払機組は、例年のように常設防火帯の刈り払い。来年の野焼きはCブロック(町道と林道、十郎太沢とカラマツ共有林に囲まれた区域)。茅場は4本の防火帯と道路で囲まれている、この防火帯が雪のないときの野焼の安全を守ってくれる。刈り払は重労働だが大事な作業である。
 作業前の注意事項や替え刃をして早速作業に取り掛かる。もう5年以上刈り払いしているので植生が変わり、草丈も比較的低く、灌木もないので刈りやすいがそれでも高い気温とエンジンの熱で10分も続けると汗だく、熱中症予防のための水分補給と30分ごとの休憩を指示したが、刈りだすと夢中になる人ばかり、心配しながら作業の様子を見回りして声をかける。
 刈り払いは能率が上がり、1日目に約80%を終了、二日目に1時間ほど作業をして完遂。お疲れ様でした。
 もう一組は、茅刈の際に作業がし易いように、今の時期にヨモギ、ハギなどの邪魔になる雑草(ゴミ)を取り除いておく「雑草木除去」の作業である。これも炎天下、頭に直射光を受けながらかがみこんでやる過酷で地味な作業である。でも、これをやったところとそうでないところの茅刈作業の違いは明らかである。楽しみはススキの中に夏の草花や赤とんぼ、ヒメシジミチョウなどの上ノ原の賑わいを観察できることである。黙々と作業をする皆さんに感謝。途中、今夜のクロモジハ―ブウオ―タ―用のクロモジを女性3人に採取してもらった。
 午後3時半、暑さを考えて、作業を早めに切り上げ、ミズナラ林内の新しい作業道を散策することにした。林の中は、陽を遮る樹木があり蒸散作用で草原とはかなりの温度差、フィトンチッドの作用もあって生気を取り戻す。これが森林セラピー。来年は作業も取り入れた森林セラピーを本格的にやってみたい。
今回は、スイカ、トマト、キュウリ、ビールを十郎太沢に冷やしておいた、これが皆さんに大好評。
 疲れた身体を、「たかね」の温泉と、クロモジハ―ブウオ―タ―で癒して、ホタル探し(一匹確認)と最後まで涼しさを求めた活動でした。
クロモジの枝を精製したものは透明感が
あります。
今回は、刈り払いの雄姿と上ノ原の草花の写真を載せておきます。
                                
                                          草野記

Sさん
 
Oさん
 
Iさん夫妻
 
Kさん
 
KWさん
 
達成感あり
 
カセンソウ
 
オカトラノオウ
 
サラシナショウマ
 
ウツボグサ
 
ウバユリ
 
シシウド
 
ガクアジサイ
 



2018年6月18日月曜日

イオン環境財団の環境活動報告会で青水の活動を報告

森林塾青水は、会員の皆様の会費と協賛企業の協賛金いうご芳志で運営されていますがこのほか、みなかみ町の補助金、そして公益財団法人イオン環境財団からの助成金をいただいて活動しています。。
 近年、青水の活動が充実してきているのは、この助成金のおかげです。
 6月17日、イオン環境財団が群馬県高崎市のイオンモール高崎で行った「環境活動報告会」で報告する機会がありました。
 当日は、第28回イオン環境活動助成公募説明会の一環として行われたましたが報告会を行ったのは初めてということでした。また、「みなかみユネスコエコパーク登録1周年記念フェア」と同時開催になっていて会場にはみなかみ町役場の小林さんをはじめ数名の方が来ていました。
 公募説明会・報告会のことは6月1日の朝日、毎日、産経、日経新聞などにも広告されました(下記)。

 
報告団体は3団体。青水のほかは、タイ国山岳少数民族居住山村の持続可能な森林環境の保全と生活、環境の改善に資する活動を行っている「NPO法人草の根国際研修プログラム(群馬県)」と筑波山で水源の森づくりを行っている「NPO法人地球の緑を育てる会(茨城県)」の報告がありました。

報告3団体とイオン環境財団のスタッフ

 青水は、みなかみ町ユネスコエコパーク登録1周年記念フェアの関係もありこのような機会をいただいたと思いますがとてもうれしいことでイオン環境財団とみなかみ町に感謝しています。
 青水は群馬県みなかみ町で活動していますが地元群馬県内の方にできるだけ多く参加してもらいたいと願っており、今回は青水の活動を知ってもらう絶好の機会となりました。
青水の報告


地球の緑を育てる会の報告


 一緒に報告した2団体の活動は素晴らしい有意義な活動で、これを機会に横のつながりを持ちたいと思いました。

                                           草野記

2018年6月11日月曜日

日光土呂部草地の保全活動ー山菜の定番ワラビもこんなに増えれば憎い奴ー


今年も、青水メンバーが日光土呂部の草地に出没、今回は少人数の7人、多数を占めた女性陣ペースの武者修行となった。

6日に梅雨入りした関東地方にもかかわらず、9日は早くも梅雨の晴れ間の日光入りとなった。 日光茅ボッチの会代表の飯村さんに案内されて土呂部草地に入ると、腰高ぐらいの黄緑色のワラビの葉がまるで傘を干したように草地を覆っていてほかの植物が見えないくらい。森林で言えば複層林の上層木がワラビである。
圧巻のワラビの大群
 
 
そして食べ頃の新芽があちこちに伸びている。増えすぎて困っていると聞いてその駆除のお手伝いに参じたのであるがこれだけ増えるとやはり、他の貴重な植物の生育を阻害することになる。

 エゾハルゼミの大合唱のなか、早速、大人ワラビを踏み分けながら子供ワラビを採取する。ワラビは採っても採っても次々に新芽を出してくる植物で9月頃でも新芽が採れる。細くても強い茎で2回羽状複葉の葉を支え、光合成を旺盛に行い地下茎に栄養分を蓄積するので繁殖力は旺盛である。酸性土壌で日当たりを好むので草原など開けたところに出現する。ここはよっぽど住み心地が良いらしい。草原状態を維持しようとする草刈りなどの作業もワラビの繁殖を助けているのかもしれない。ワラビに罪はないが他の植物と共存するためには人間の手で駆除もやむを得ない。そして採ったものは無駄にせず食糧にする。昔から里山ではワラビを採取して食料としてきた。わらび餅のでんぷん、山菜、牛馬の餌、緑肥などがそれである。この中でもわらび餅のでんぷんは地下茎を掘り起こすのでワラビにダメージが大きいと思われる。かつて上ノ原はワラビ粉を採取して現金収入にしていたという、それと野焼を行っていることが比較的ワラビの少ない植生になったのだろう。では、土呂部でもワラビ粉を採集してわらび餅を作ったらと単純に考えるが、これがこの後の作業で容易ではないことがわかる。
ワラビの根
 


エゾハルゼミ(オス)にも歓迎されて

 
平坦なところから尾根沿いに移動してその一帯の雑木の切除のあと、ワラビ抜きをしてみると、でんぷんのありそうなところはごく少ない。これでわらび餅を作るのは相当の量がいる。シャベルかクワで掘って、粉砕して、漉して、干してという工程も多そうだ。でも高級和菓子の手作りに挑戦してみたい気もする。

 この日は、このあとヘラバヒメジオンやメマツヨイグサなどの外来侵入植物を駆除する作業を行い終了。カッパの泉で冷えたビールでのどを潤し、民宿水芭蕉苑へ。元気いっぱいで明るい女主人の温かいおもてなしがうれしい、雰囲気にのまれ遅くまで盛り上がった。
カッパの泉で休憩


2日目は、やはり梅雨、朝から雨模様だったが奥の草地に出発する頃には、小ぬか雨となった。途中、クロビイタヤの大木を見て、太平洋側タイプの樹種などを見ながら40分ぐらいかけて目的地の草地に到達、ここもワラビが大繁茂しているが貴重な植物の生育が保たれている、日光茅ボッチの会がいつ草刈りすると花が咲きやすいか、ワラビを全部抜いたらどうなるかなどの科学的に試行錯誤を行っていて、継続のチカラがタカラを守っている場所である。ここでも、一画のワラビを抜く作業を行った。
観察しながらゆっくり歩いて現地へ
 
また逢えたね

踏まないようにそーっと

 

今年も貴重な草花にまた会うことができて幸せな気分になる。

土呂部の草地を守る茅ボッチの会の皆さんのご苦労に頭が下がる。
 
                               草野記
 
                  



民家の庭のアツモリソウ。かつてはこの地域にも自然に生育していたという。
 
 
                                                  
 
 
 
 
 

2018年5月31日木曜日

ミズナラ林の若返り伐採のための搬出路(歩道)作設ー新緑の香りの中でー


野焼きから約一ヶ月、上ノ原は、大勢のワラビ狩りで賑わっていた。
野焼き後1ヶ月ススキもワラビも順調に成長

この時季の上ノ原は朝日岳を背景にしたタニウツギの花が美しい

 
 52627日、参加者14名による今年度2回目の活動は、ミズナラ林の伐採のための搬出路(歩道)の作設である。
 この時期の上ノ原のミズナラ林は、見た目には生き生きしているようだが、それは落葉した冬枯れの状態に比較するからで実は芽吹きと開花の疲れでエネルギーを使い切って疲労困憊の「青息吐息」状態である。むしろ秋や冬の樹木の方がエネルギーが充満している。これから夏の太陽を浴びて光合成を活発に行う。新葉を害虫などから守るためフィトンチッドを揮発する「桃色吐息」の時季はこれから、それでも森に入るとすがすがしさを感じるのは成長を控えた木々の生気に抱かれるからだろう。だから、この時季は伐採の適期ではない、特に「ぼう芽更新」には不適である。そのこともあって今回は伐採を最小限にすべく北山塾頭と相談して搬出や散策のための歩道作設を主体とした。

 1日目は、十郎太沢の「柞(ははそ)の泉」から木馬道へ抜ける時に直登していた箇所の歩行の邪魔になる木を伐採し、階段や迂回路作って歩きやすくする。途中でみなかみ町からの初参加のKさんと家族ともども藤原に移住した米国人のFさんが合流。Kさんは自伐林業をやりたいとのこと。Fさんは自然と人との共生を研究していて藤原で「森のようちえん」を開園することになっている。下手な英語より日本語が通じるamazingな米国人である。
 
さわやかな森の香りの中で
 

 ここの歩道の補修作業は木馬道に到達し15時ごろに終了、木馬道は2年間かけて作った道であり木馬が滑走した時の「50年前の初恋が成就したような」感動が蘇ってきた。それにしても道が荒れている、雪の影響もあるが人が作ったものは使ってメンテナンスしないとすぐにだめになる。世の中には作るだけ作って使われず手入れもしないものが多すぎないか、反省!! 上ノ原を眺めてここはそうさせないと心に誓う。
木馬道に到達
 
上ノ原は守る!!
 
 

 そのあと、北山さんが自伐林業の木材搬出のために作設した作業路兼遊歩道を散策する。幅3mぐらいで勾配もゆるく壊れにくい立派な作業道が循環道になっていた。短い期間でここまできちんと作った彼の奮闘に頭が下がる。この道も有効に使わなければならない。この作業道のある森林は比較的大きな木でブナ、トチノキ、ホウノキ、オオヤマザクラ、キワダ、ミズナラなど種類も多い、散策にはうってつけである。上ノ原にもう一つのタカラができた。帰り道、この付近に多いオオバクロモジの葉を採取して宿に帰る。

この日の宿は奈倉、夕食が済んで一杯やっていると北山さんが蒸留器を持参してやってきた。車座実践講座「クロモジ精油の作り方」を始める。蒸留器にクロモジの葉を入れ蒸し、その蒸気を冷やして精油を抽出したのがアロマウオータである。その間にクロモジの葉を煎じてクロモジ茶を作る、アロマティである。蒸留器からうっとりするような香りが漂う。お茶も味も香りもexcellent作り方も外と簡単、これなら商品化も可能ではないだろうか。
Fさんは車座講座に家族ともども参加
 
蒸留器にクロモジの葉を入れて蒸す
 

2日目は、十郎太沢から北側への歩道の修理を行い約半分が完成し歩きやすい道となった。続きは9月になる。10月の麗澤中のFWに間に合うだろう。
森の中は清々しい
 
 
昼の森の薫り、夜の香り、で癒された心地よい2日間だった。

                             草野記

2018年5月25日金曜日

麗澤中学校 樹木観察会2018



5月19日、柏市の麗澤中学校1年生を対象とした樹木観察会が行われました。森林塾青水はそのコーディネート、インストラクターとして協力をしています。
心配していた天気もなんとかもち、例年通り外で実施できてひと安心。

最初に先生、生徒、インストラクター全員が広場に集合して、挨拶と今日の説明を行います。生徒たちの顔が見える最初の時間、どんな子たちなんだろう、と毎年楽しみです。
樹木や自然について観察し学ぶことはもちろんですが、五感を使って自分でみつけたこと、気づいたこと、考えたことを大事にしてほしい。人と違っていたり、間違っていたりしてもいい。それが観察会の趣旨です。



グループに分かれて観察を始めると、こちらが探すまでもなく、生徒がいろいろなものを見つけてくれます。人気なのは虫で、最初はやだー!!という反応をする子も多いですがやはり動くので多くの子が興味を引かれます。
まだ小学校を卒業したばかりの子たちですが、生徒が見つけたものから話を始めて少しずつ説明すると、すっと聞いてくれます。(でも、新しい虫が見つかると話が中断されたりします)
種の飛ばし方、成長の仕方、花と虫の関係、土のはたらきなど、大事なことを少しだけ話して、観察してもらいます。

2時間ほどの観察を通して少しは自然に親しんでもらえたのかなと思います。
最初は腐葉土のある木立の中に入ることすらためらっていた子が、最後の方には腐った木を拾って虫を眺めていたのが印象的でした。
拾ったダンゴムシをずっと手に乗せている子もいました。

最後には教室に戻ってまとめを行います。拾ってきた葉っぱや種などを使って、色とりどりの発表原稿を作っていました。生徒ごと、グループごとに着眼点が違うのが面白いなと思います。


例年楽しみにしている生徒も多いというこの観察会、少しでもいいものにできていたら嬉しいです。感想の紙を書いてもらったので読むのが楽しみです。