2022年7月22日金曜日

防火帯刈払いとビオトープ(池)の手入れ

 7月16,17日、戻り梅雨の中、防火帯整備を行いました。
この時季の活動は、雨でなければ炎天下の作業とあって例年参加人数は少数となります。
ところが、今回は17人がエントリー。直前で体調不良者が3人出て14人。それでも盛況でした。やはり、コロナ禍でも出かけたい。それも自然豊かで心身が癒されるところへ・・・という想いでしょう。
この時季のススキ


 初日の作業中は雨もなく、夕食後に降雨になったので楽しみにしていた蛍の光はか細かったのは残念でした。2日目は炎天下。作業終了後にスコールが来るという幸運に恵まれました。
 メインの作業は防火帯の刈り払い、エンジン付き刈り払い機5台に電動刈払機4台、それに日大水上演習林の職員の中澤さんが刈払機持ち込みで助っ人参加、計10台で常設防火帯と歩道を刈払いました。この作業は暑さの中のかなりの重労働ですが、皆さん楽しそうな作業ぶり、いい汗をかき、達成感に浸っていました。

 やりたくても体力的に
電動刈払機

刈り払いが出来ないグループは、前回造った池(名前はまだない)の周囲の植生を回復する目的で「柳」と「ウツギ」の枝を採って挿し穂をつくり、挿し木しました。挿し木はこの時季は適期、果たしてどの程度発根するかこの秋にはわかるでしょう。

 この日の宿は天然温泉風呂のあるロッジ「たかね」、汗をかいた身体を癒すことができました。
ヤナギの挿し穂とり

挿し木

挿し木


 降雨もあってホタル狩りは不発でしたが、藤岡和子さんの「野を食らう」と題した発達障害のある子供たちとの心温まる交流やパーマカルチャー体験学習を語っていただきました。青水でも彼女の素晴らしい取り組みを何とか応援できればいいのですが、今後の検討課題です。
 2日目は、炎天下でも夜の雨で快適な気温。昨日の残りの歩道の刈払いを3人にやってもらいました。
 「池の浚渫・池畔の整備」グループは池に膝まで入り、スコップを使い水深を深くして周囲を固める作業です。水温は12~13度でしょう。この暑さの中で気持ちよさそうでした。
池の浚渫



 そして、もう一組は、北山さんの案内で「ゆるぶの森」の中のシラカバの樹皮剥きです。
 立木に鉈で切り目を入れてそこから竹べらを使いぐるりと円周状に剥いていきます。この時季の樹木は水分が多いので良く剥けます。この樹皮の内皮は細く割き飾り小物などの細工に使われます。ポセット、バッグ、インテリア小物や網かごなどの細工もできるようです。ネットで実際の作品・商品を見ることができます。外皮は着火材に最適(杣人:そまびと)がたき火の着火の時に使います)。アイヌの人々はシラカバの樹皮でスリッパや長靴を作っていたようです。樺細工と言って秋田県の角館が有名ですがこの場合の樺はヤマザクラのことです。




さて、樹皮を剥かれたシラカバはどうなるのでしょう。
 樹皮とは幹の外側を覆っている部分で、樹体内部を外界から保護する形成層から外側の組織で肥大成長に伴い外側から順番に剥がれていきます。さらに樹皮は内樹皮と外樹皮に分かれます。内樹皮は形成層の細胞分裂でつくりだされた師部のことで生きた組織です。この外樹皮と師部の間に周皮はあります。シラカバやヤマザクラは最初の周皮が生き続け、肥大成長しても引き裂かれず細胞数を増やしたり、細胞を長く成長させて繊維が発達したような、この種類独特の樹皮となります。これが革細工に利用されるのです。
 シラカバの周皮は何層にもなっています。この日剥いた内皮は薄皮が重なっているようでした。形成層と師部を残せば樹木は枯れることはありません。形成層を剥いてしまうと枯れますのでこれを利用して立木のまま枯らす「巻枯らし(環状剝皮)」という技術があります。ただ、樹皮の樹体内部を虫、カビ、紫外線、寒暑、湿気などの外部から守るという役目が果たせなくなるので樹体は衰弱すると思われます。
 なので、シラカバの場合40年から50年ぐらいが寿命ですので枯れてもいいような老齢樹を剝皮の対象にするのは理にかなっています。今回の皮を剥いたシラカバはおそらく40年以上です。もちろん材は問題なく利用できます。「シラカバは死して皮を残す」ということです。
 うんちくが長くなりましたが、今回の活動は多岐にわたり充実していました。そして茅場には夏の花がたくさん咲いていましたので写真を載せておきます。

ヒメシジミは乱舞は見られませんでした。

楽しみしていたヤマユリは猿の被害で少ない



クマイチゴ


ヨツバヒヨドリ





ノアザミ


トリアシショウ


        
ウツボグサ

 
ヤマアジサイ(エゾアジサイ)






 
                                報告 草野
















2022年6月26日日曜日

活動報告2020-⓶  森林整備とリトリート    -リトリートで上ノ原に池を作りました-

 

梅雨のこの時季、自然の中での活動は天候次第、塾のプログラムもハードなものは出来ないので今年からはこの天候に左右されない簡易な茅場整備とリトリートを組み込んでいる。リトリートについては昨年、体験として実施(コモンズ村ふじわら: 10 2021 (commonf.blogspot.com))し、草原とゆるぶの森の新たな活用方法として大いに期待され今年から本格的に取り組むことになった。


トリート(Retreat)とは、語源は、撤退・退去・隠れ家など、つまり、日常からの一時的なエスケープ。立ち止まり自分を見つめなおす言動。大事な要素は「非日常」「体験」「振り返り」であり、上ノ原では里山の自然体験によって眠っている五感や身体感覚を開放し、その際の気付きを言葉にする内省対話プログラムとして活用。

 この時季は雨の心配もあって参加者は少ないのであるが、実は上ノ原のススキの背がまだ低く、ワラビなどの山菜も楽しめて、タニウツギが美しく、エゾハルゼミの大合唱が聞かれ、沢水にも雪解け水が混じって心地よい冷たさを味わえる。そんな魅力を知ってか知らずか、コロナに痛めつけられて心身に癒しを求めたプログラムの魅力か15名の参加者があった。

タニウツギの駆除は厄介だが花が美しい


この時季の茅場

 上ノ原に不思議な空間(記帳台)が新たに登場しました。この記帳台が今後上ノ原を訪れる人を歓迎して塾の知名度を上げてくれるでしょう。

 

不思議な空間を醸し出す記帳台


前武尊山が額縁絵に見える

天候に恵まれ、期待通りのエゾハルゼミの不思議な鳴き声の中、井上さん、柳沼さんのコーチでリトリートプログラムを開始。当初は、茅場の侵入樹木の除伐を森林整備として組み込む予定であったが、すでに自伐グループで大方済んでいたので、散策を中心に途中で除伐をやってもらうことにした。まずはここに来た目的と近況などを織り込んだ自己紹介でそれぞれが今の気持ちを白露。

地面と言ったになる


 そのあと、十郎太沢を経て木馬道を散策。ビューポイントで一休み。新たに茅場に造成したところで一斉に侵入樹木の除伐をやってもらう。その後ゆっくり広場に戻り岡田さんの野点をいただいた。この間、樹木・草花の解説やワラビ採りで楽しんでもらう。

草原を散策


今年はヤマユリとシオデが増えていたことが目立った。上ノ原の植生も塾の活動によって変化しているようだ。

ヤマユリ 防火帯整備の頃に咲く


 ゆったりとした時間を草原と森林で過ごし1日目を終了。明日は何を組み込むかと思案しているところに「池をつくろう」とのご宣託を聞く。これが夕食後の懇親会で本決まりになる。

 2日目。井上さん。柳沼さんとの打ち合わせして青水バージョンとして「池づくり」の作業を主体にしたリトリートプログラムを実施することにした。

 幸いに「バックホー」が現場にあるのでこれを利用するのでそれほど重労働にならない。まずは候補地である十郎太沢の水飲み場の道路下側の灌木をみんなで伐去してもらう。小一時間で終了してバックホーが入り池を掘り始めた。さすがに機械力、瞬く間に池の形が出来た。周りを石で固めて水たまりでなく池らしくしていく。せき止められた十郎沢で4m2程度の池がとりあえず完成。

活けの予定地の灌木を伐樹除


だんだん池の形に



 
重機が大活躍

水場は笑顔が似合う



完成!!!

全景:しばらくすると水も澄んで


この池は、上ノ原の生物多様性をかん養するビオトープ(有機的に結びついた生物群の生息空間)となる。また、水遊び場(スイカや体を冷やそう)、いざという場合は防火用池となる。今後、池の周囲に柳の挿し木による土手補強、生物の隠れ場所となる石の配置、中之島や橋の設置などこの池の整備プログラムを考えるとワクワクしてくる。

この後、みんなで今日の感想などを述べ合って急遽構成しなおしたリトリートプログラムを終了した。

 茅場とゆるぶの森を利用した本格的なリトリートプログラムを井上さん、柳沼さんにどんどんやっていただき、青水や上ノ原の知名度を上げていただき上ノ原をリトリートのメッカにしていただきたい。

 一方では、青水会員向けや汗をかきたい参加者向けのリトリートと茅場整備のコラボは今後このような形を取り入れていく方向性が見えた今回の活動でした。

文責 草野  清水さんから写真を提供いただきました。

2022年5月9日月曜日

  2020,2021年とコロナ禍で中止を余儀なくされた茅場保全の最重要作業である「野焼」が3年ぶりに4月29,30日に行われた。
 今年は豪雪に見舞われたので雪解けを心配して、2週間ほど前から重機で雪を搔き均す作業を実施している。28日、前日入りしてみると周囲には残雪があるが茅場は雪が消えていた。  しかし、ススキは濡れ髪のように地面に張り付いている。

ススキが寝ている茅場とオオヤマザクラ

満開のオオヤマザクラ(名称:にぎわい桜)

 それに明日は雨の予想。本番の野焼き着火は30日10時予定。そこで作戦を変更、防火帯刈りは最低限にして、風を入れて乾燥させることで燃えやすくするための寝ているススキの掻き起し(毛羽立て)を参加者にやってもらうことにした。この日は、清水先代塾長をはじめとする古参会員有志の寄付による「飲水思源」の標柱を十二様の前に「御柱」として奉納準備と祈祷旗「タルチョ」の奉旗と道具準備、毛羽立てを行った。

御柱の設置

                                                   
 2日目、曇天の中、本日の参加者42人が参集。明日はこれに15名が加わる予定。        雨の心配もあって昼食前に「山之口始め」を行う。北山塾長の上ノ原の風景を盛り込んだ厳かな「祝詞」が奉詞され、柏手を打ち一年の作業の無事と自然の恩恵を祈願し、極上の佐渡のお神酒で乾杯。そのあと、「飲水思源」標柱の除幕と解説で気分を盛り上げた。

         

タルチョが世の平穏を祈る

        
山之口始め

祝詞奏上

              
これまでもこれからも「飲水思源」

 昼食後、参加者には毛羽立てをやってもらう。

          

毛羽立て作業

15時には雨が強くなるとの「観天望気」は長年上ノ原に来ているとわかってくる天候変化である。案の定14時半ごろには着ているものも濡れるぐらいの雨となった。コロナ禍で風邪をひくと紛らわしい。宿に引き上げ着替えて、前日下見して、ちょうど見頃の「明川の桜の郷」の花見ツアーを行った。 

           

明川の桜の郷

 この日の宿は「とんち」。夕食後は恒例の車座講座、その前に上ノ原に設置する記帳台のコンセプト・デザインを披露。車座講座は野焼の前夜にふさわしい稲幹事の「火と神道文化」。現代の暮らしにも生きる神々の世界を解説いただく。交流会に集まったメンバーは、植物の専門家、ランドスケープ・造園の大御所、野焼の研究者、プロ写真家、野鳥専門家、地域おこしメンバー、学校教師など多士済済。豊富な話題で大盛り上がり。

 さて、野焼本番の日、昨夜は山沿いは雪との予報、しとしとと冷たい雨が降っていたようだ。6:00早起きして上ノ原に行ってみると、周りの林はうっすら雪化粧、茅場も白い。今日はダメかと一旦気落ちしたが着火を1時間遅らせて陽射しが出そうな青空も見えてきたことと風速2~3mぐらいの風を期待してやるだけやろうと決めた。乾くまで参加者には「ゆるぶの森」を散策してもらうことにして小幡さんと川田さんにインストラクションをお願いした。

            

散策「クロボクの説明」

 11時 4者会議で野焼実施を決定。3ブロックのうち風上にある北側から着火、可燃物も多く、傾斜もあり、毛羽立ても良くできている一番燃えるであろうと予想したブロックは2番目にやることにした。通常はやらない風上から着火しても問題ないくらい予想にたがわず燃えが悪い、炎は上がらずくすぶった水蒸気の多い白い煙が茅場を覆う、ジェットシューターも出番がない。それでも何とか黒色の茅場が増えていき、2番目のブロックでは茅の管がはじける音も聞こえだした。

            

赤い炎は小さく白い煙は多く

             

朝日岳をバックの野焼風景

            

少しでも燃ろ

           

ジェットシュータの雄姿

            
兵庫から参加して初めての火付け役

          

ジェットシューターもちょっと活躍

そしてトラ刈り模様の末黒野がまがりなりにも現れ、1時間遅れの12時半過ぎに鎮火。今年の焼け具合は「レア」だが茅場保全の重要な作業を無事終了した。

一番燃えたシーン

             
末黒野をバックに、御柱を横に
 写真は、中塚様、清水様、尾島様、西村様に提供いただきました。 文責 草野
                         
                   

   
        

2021年12月23日木曜日

下流域部会活動報告:茅刈交流(生石高原・高野山)

 

 去る12月5日、草野事務局長以下森林塾青水の有志6名は、和歌山県・生石高原で行われた茅刈りイベントに参加し、主催者である「むすび屋弥右ヱ門茅葺きプロジェクト」のメンバーと交流の機会を得ました。茅刈りの他、世界遺産の視察等を通して学ぶことも多かったツアーのあらましを報告します。

1日目(12月3日)

一行は南海電鉄の橋本駅に集合し、レンタカーで高野山へと向かいました。平安時代はじめ、弘法大師空海は峰々に囲まれた海抜九百メートル、総面積三十三万坪の高野山に、信権密教の霊場を開きました。我々はまず、高野山真言宗の総本山である金剛峯寺を拝観、他に金堂などの伽藍や高野山の地主神を祀る御社(みやしろ)、空海の御廟である奥之院などを二時間ほどかけてめぐりました。

高野山金剛峰寺


金剛峰寺の庭園


三鈷の松

 2日目(12月4日)

 午前中、丹生都比売神社を参拝。神社のあるかつらぎ町天野は、十三年前に森林文化協会が実施した「にほんの里百選」選定地の一つ。神社では昇殿参拝の後、社務所で宮司の丹生晃市さんより興味深いお話を伺うことができました。

・丹生都比売神社の歴史は古く、『日本書紀』神功皇后紀に登場する紀伊國の天野祝(あまののはふり)が当社の神官であったこと。

・高野山はもともと丹生都比売神社の神領地で、空海を高野山に導いたのが祭神である丹生都比売大神であること。

・以来、同社は真言密教の守護神として位置付けられ、こうした神仏関係が「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界文化遺産に登録されたこと。

・楼門とともに重要文化財に指定されている本殿は、春日造りとしては日本最大であること。

話題は丹生都比売神社と高野山との深い関係から、杉の巨木が生い茂る境内林管理の問題まで及び、古代から現代に至る時代を越えたお話でした。

本殿鳥居と太鼓橋

本殿と後背林

高野山との関係をわかり易く説明いただいた丹生宮司さんと

 その後は生石高原への途中にあるリトリート施設、デュニヤマヒルへ。小高い丘の上に土や植物、石など自然の素材を使って建てたセルフビルドの施設が立ち並ぶ不思議な癒しの空間であり週末にはコンサートや演劇が催されているようです。             

そしていよいよ生石高原へ。                          

高野山や天野の里への道と同じく、曲がりくねった山道を上がって突然開けた山頂部が生石高原です。この日も「茅葺きプロジェクト」のメンバーは作業をしていたので、我々は頂からの風景を楽しんだ後に現場へ移動。プロジェクト取り纏め役の豊原さんや和歌山大学の学生さんと一緒に茅束を運び出しました。

生石高原風景


寒風が吹き寒かった

 

この日は紀美野町の農家民宿「四季の宿きみの」。移住組のリタイア夫婦が営んでいる宿で、夕食は山海の新鮮な素材を使った逸品。お酒も美味しくいただきました。

 3日目(12月5日)

三日目はいよいよ茅刈り本番。この日は地元ロータリークラブによる茅刈りを我々がお手伝いする形で実施。参加者は全部で三十数名。最初に草野事務局長が茅刈りのやり方を説明。その後、3班に別れそれぞれに2名のメンバーが付いて指導しながら茅刈りを進めました。

ここでは刈った茅は結束器を使って束ね、一束ごとにロープで結束するという方法であり、ボッチは作らないが、一束は上ノ原よりひとまわり大きい。3時頃に作業は終了し、この日の成果は66束。

和歌山ロータリークラブから大勢の参加者


茅刈指導


茅束

参加者一同


茅の結束

後片付けの後は、途中夕食の食材の買い出しをしてから、今日の宿であるは「志高庵」に移動。高志庵は豊原さんが代表をつとめる「古都里」が運営する古民家ゲストハウスで、「茅葺きプロジェクト」の活動拠点でもあります。

このプロジェクトは、四年前に和歌山大学の「わかやま未来学副専攻」プログラムから生まれたもの。これは県内企業やNPOなどと協働して、地域の課題に実践的に取り組む教育プログラムで、その目的は、過疎などの深刻な地域課題の中で、逆に豊かな自然環境と文化資源を活用して、「わかやまの未来を切り拓く若者」を育成すること。

その協働メンバーである豊原さんが学生と共に取り組む茅葺きプロジェクトの目下の目標は、志高庵のあるかつらぎ町志賀地区に、地域の魅力を結集、発信する茅葺き屋根のおむすび屋さんをつくることです。そして、その茅を生石高原から調達しながら、その美しい景観も守っていくことで、協働の関係を築いてゆこうとするものです。

この日の夕食は台所で学生と一緒に作ったものを総勢12人でいただきました。学生さんとの未来思考の話が弾んだ楽しいひとときでした。

古民家ゲストハウス志高庵

むすび屋弥右ヱ門茅葺PTのメンバーはみんな情熱家


むすび屋弥右ヱ門茅葺PTが造った茶室

最終日(12月6日)

最終日は、天野産の酒米のみで地酒を醸造している酒蔵「初桜酒蔵」を見学して、ツアーを終了しました。

初桜酒造の銘酒


 様々な出会いと気づきに満ちた充実した四日間を過ごすことが出来ました。

                   報告 稲

                   写真 草野 藤岡