2021年7月31日土曜日

  有志で防火帯刈り払いを実施

 7月9日、首都圏に4回目の緊急事態宣言・まん延防止等特別措置が発令されるとの決定を受けて、翌日、急遽Web幹事会が開催され、すでに募集を締め切り15名が参加することになっていた本年最初の塾の活動「防火帯刈払・歩道整備」の実施方法を変更することにした。東京居住者等の参加者には辞退をお願いし、幹事及び刈払経験者のみが出役することになった。

 参加を表明いただいていた会員には大変気の毒で申し訳ない思いである。防火帯の刈り払いは来春の野焼きの実施のために必要不可欠な作業であり、不要不急の移動とはならない。ワクチンの接種は進んでいるが変異株のリスクがある中で7月17日18日に実施した。

  当日は、下流域部会からの6名に北山塾長他に1名の地元組、計8名で実施。

 まず、恒例の山の口開神事を行う。今回は北山塾長が上ノ原の情景を盛り込んだ祝詞で新型コロナ感染症の一日も早い終息と一年の安全と自然の恵み多いこと厳かに奏上した。

祝詞1


祝詞2

塾長の祝詞奏上


 その後、刈り払いを開始、今年の茅場のススキの成長は平年並み、ただ、毎年たくさん見られる草花とヒメシジミが少なくちょっと寂しい。それでもせっかく咲いたホタルブクロやトリアシショウマ、オカトラノオに謝りながらエンジンをふかす。梅雨明けの炎天下の刈り払いはコロナ疲れの身体に応える。たびたびの水分補給をしながら午後4時ごろには大方の作業は終了した。

刈り払い



ホタルブクロ

アザミの蜜を吸うアサギマダラ

刈り払い終了


その夜の宿はロッジたかね、夕食後、宿の近くの小川を飛翔するゲンジボタルホタルを見て過ごした。

 2日目は、朝一番に全員で茅場周囲を点検したところ、一部の刈り残し、茅場内歩道、新たに茅場にしたところの刈り払いが残っていたので2時間ほどの直しを行って、今年の刈り払いも無事に終了。最後にの柞の泉の動画で涼をお楽しみください。  報告 草野


茅場を一周


ゆるぶの森の新看板







2021年3月20日土曜日

群馬県居住者限定プログラム:雪中トレキング

 ‎ ‎‎1月7日に発令された緊急事態宣言の解除を3月6日と想定して3月13,14日に設定していた本年度最後のプログラムは宣言の延長をうけて、急遽、実施方法を見直した。 ‎

‎ その結果、1都3県の参加希望者には辞退いただき、群馬県在住者のみを対象とした「群馬県居住者限定プログラム」となった。 参加者は1日目5名、2日目5名(うち2日間通しの参加者は2名)それにインストラクターとして塾長、事務局長がアテンドして実施。‎

‎ 1日目は、気温が高く、上ノ原でも小雨が降り続く天候の中、上ノ原の草(雪)原から「ゆるぶの森」をトレキング。 雪は少し柔らかいがカンジキ・スノーシューを履けばぬかることはない。 この時季は積雪で枝も近く冬芽の観察には絶好である。 キツネなどの動物の足跡もたくさんある。‎


トチノキ冬芽の説明


十郎太沢沿いにトチノキなどの冬芽を観察しながら登る。

‎途中、樹皮を剥がされたミズキが目立つ。 ニホンジカの食害である。 この時季餌がないためシカは樹皮をかじる。 周囲の半分程がかじられ赤茶けた傷跡が痛々しい。 すぐには枯れないだろうが成長に大きな影響を与える。 ‎ミズキは水気が多いので剥ぎやすいのだろう。 冬季なので凍らないように樹皮に糖分を増やしているので栄養価もそこそこあるのではないだろうか。 ‎‎シカの口でかみつき、皮をはぎやすいミズキの中・小径木がやられている。 ‎

シカの被害を受けたミズキが痛々しい
  
 途中センサーカメラのデータを回収。

‎「ゆるぶの森」は散策路が整備してあるがこの時季なら森の中を自由に歩ける。 普段、散策路から見れない樹木も見れ、違った角度から林の景色が楽しめて、改めてこの森に惚れ直す。 ちなみに出来たばかりの「ガイドマップ」を参加者に配布したが雨でぬれるので見ることができない。‎

ゆるぶの森の中を歩く

 途中、塾長がイタヤカエデとシラカバにドリルで穴をあけ樹液を採る仕掛けを実演してくれたが時期的にちょっと早いので採取できないだろうとのことだった。

イタヤカエデの樹液採取仕掛け
 雨が強くなったので早めに「とんち」に帰り、服を乾かしながらこれまでのセンサーカメラので捉えた上ノ原の動物を見る。

‎ 2日目は、気温も低く小雪の降る中、塾長の長男で‎‎大幽洞へも何回も訪れている‎‎北山桂月君をガイドに加えて大幽洞へ氷筍観察トレキング。 青水の行事に初めて参加した時、5歳だった桂月君も4月からは高校生である。 体格も立派になってその後ろ姿がたくましい。


 大幽洞への道は、最初の林道部分がなぜか除雪してありスノーシューは不要。 途中から傾斜のある雪道であったが雪もいい具合に締り比較的歩きやすい。‎

‎ 大幽洞では大小さまざまな氷筍が出迎えてくれた。 ひときわ大きな氷筍の中に水が溜まり岩屋の天井から水滴がポタポタ落ちるたびに中の水が揺れる様子を見ることが出来た。 水滴の音で洞窟の中で音楽が奏でられているようであった。‎

氷筍




大きな氷筍の中で水が揺れる

 帰路は急傾斜の所々でお尻で滑り落ち、童心に帰って楽しむことが出来た。

帰りはカラマツ林を歩く

 青水は、群馬県みなかみ町藤原にフィールドを持っているが県内の参加者が少ない。 今回は、図らずも群馬県民優待プログラムとなったが、青水や藤原や上ノ原をもっと知ってもらうためにこのようなプログラムを企画すべきと思いました。

この時季の上ノ原

2020年12月21日月曜日

隣の芝生は青い? つくばでの茅刈り体験記

 

文化庁ふるさと文化財の森に指定されている茅場は関東地方に2つしかありません。

そのひとつは我らがみなかみ町藤原上ノ原ですが、もうひとつの茅場はどこの里山にあるかと言うと、なんとつくばの「高エネルギー加速器研究機構」という科学の最先端施設の中にあります。

上ノ原では例年10月に刈り取りを行いますが、それよりずうっと温かく大雪の心配のないつくばでは毎年12月に行われており、一般社団法人日本茅葺き文化協会が19日にひらいた茅刈りワークショップに参加してきました。

参加の動機は3つあって、一つは高エネルギー加速器研究機構という超近代的な施設と伝統的な茅刈とのミスマッチの妙をこの目で見たかったこと、もうひとつは上ノ原では行っていない機械刈りを見て上ノ原に適用できないか考えたいという興味。一つ足りない? あ、それは、茅刈りを楽しみたかったから。


入り口のゲートでチェックを受けて入っていくと(広大だから車で!)、まるでどこかの化学工場に入り込んだかのよう。

まわりには、周長3kmの衝突型円形加速器が設置されており、80億電子ボルトの電子と35億電子ボルトの陽電子が走りまわっており、その内側の面積は約150ヘクタール、東京ドーム33個分だとのこと。いくつかの建物を除いて全部が茅場だとすごいな、と思っていましたが、茅の優占する場所は2ヘクタールほどで、ここを茅場として提供をうけているようでしtた。

 左は変電設備? 後ろは霊峰筑波山

さて、茅刈ですが、地元茅葺オーナーたちは機械刈り、我々一般ワークショップ組は手刈りと2か所に分かれて行いました。

機械刈は、どうやったら同じ方向にそろうのだろうかと思って観察しましたが、(たまたま見た例では)刈払い機を操作する人の横に、長い棒を持った人が付き添い、ちょうど床屋さんがくしで揃えながら切るようなやりかた、ほかに伐った茅を拾って束ねる人、これを運ぶ人と、3-4人一組で作業していました。

斜面では、床屋さん式もむずかしいでしょうし、上ノ原ではやはり手刈りのほうが安全で効率的かな、というのが感想です。

あと面白かったのは、バインダー(コンバインの小さいやつ)での刈り取り。稲敷市霞ヶ浦湖畔には背の低いシマガヤの茅場があり、そこでは以前から稲刈用のバインダーを使っているそうですが、ここでもできないかと試行したとのこと。途中つる草などがあると停まってしまいましたが、おおむねうまく刈れていました。数センチくらいの小さな束を自動的に吐き出すところが面白い。平地の強みです。








Mede by Iseki (バインダーが産んだ茅束)



手刈りは初心者対象のせいもあり、鎌で刈る人、縄で束ねる人の2人一組でおこなわれました。茅は完全に枯れて硬くなっており、茅で縛るわけにはいきません。縄で縛るので、一束は上ノ原のより1.5~2倍くらいの大束、すでに十分乾燥しているのでボッチ立てはせず、そのままトラックに積み込まれました。

平地なので姿勢は楽だし、茅は湿っていないので軽くて扱いやすいのですが、1本1本が太く硬く、刈り取り作業は結構大変でした。そもそも、完全に枯れていて人間味がない、太くて可愛くない。そう思うのは身びいきですかね。

うらやましかったのは、アクセスが良いこともあり、筑波大の学生さんや、近所の石岡市などに茅葺を積極的に残そうとするオーナーさんたちがおられ、これらが多数参加されたこと。茅の可愛さや、刈る手を休めて眺める景色の良さは絶対負けないんだけどな。

ここでの悩みは、場所柄火入れができないこと。それと、セイタカアワダチソウや、イネ科のなかでもトダシバやメリケンカルカヤといった外来種が勢いを増し、年々劣化しているとのことです。(考えられる主な原因は富栄養価、土壌の劣化ではと言われています。土壌も上ノ原のようなクロボク土になっていません。)

夕方、筑波大廣田先生によるレクチャーがありました。茅草原の価値についての話は以前からも随所で教わってきましたが、炭素循環の観点から詳しい納得感のある説明がをいただき、非常に有益でした。

今回、よそと比較することて学ぶことが多くありました。

ちょうど前々日の17日、ユネスコの無形文化遺産として「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」が登録されることになったとのニュースがはいりました。対象は「かやぶき、古式の木工技術など木造建築に関わる17件(14団体)」で、対象になった日本茅葺き文化協会は意気軒高でした。今後も、連携、協力しながら、貴重な自然資源、文化遺産を次の世代につなげていけたらいいなと思った次第です。

(松澤記)



2020年12月5日土曜日

    2020茅出し・「山之口終い」神事・「ゆるぶの森」散策

  右往左往する人間をあざ笑うかのようにコロナの勢いは収まらず、第3波が猛威を振るっています。それでも何事もなかったように、季節は巡り、初冬を迎えてしまいました。茅場の作業としては、今年度最後となる「茅出し・山之口終」を112122日に行いましたので報告します。

10月末から11月中旬にかけて刈り取って寒風に晒した茅ボッチを道路端まで引き出し、トラック積みする「茅出し」そして、収穫と作業の安全に感謝する神事をおこなう「山之口終い」。

はじまりの式の後、茅刈検定の認定書を久保田さんと小池さんに手交して作業にかかった。

小池さんに茅刈検定認定証の授与

久保田さんの認定証

茅ボッチは、茅刈イベントで刈ったもの、その後23日の居残りで刈った合宿刈り、今年は113日に降雪があって茅が寝てしまって地元茅刈衆のボッチは少ないと聞いているが、それでも推定700ボッチはあるはずであり、それを確定するのも今回の作業の目的の一つ。それらはボっチを見るとわかる。ボランティア刈りは倒れているものが多いが地元茅刈衆のものは倒れず凛として立ち、上ノ原の風景に溶け込んでいる。合宿刈のボッチも地元衆のものと遜色ないところまで上達した。現地に着くと地元茅刈衆の刈ったボッチ数の報告があり、それによると492ボッチ(2460束)となっている。

今回の参加者は18人なので一人40ボッチを曳きださなければならない。昨夜の雨でぬれて重いことも考えると、今日中に終わることは無理かと思ったが、若い人も多く、皆さんの頑張りで曳きだしは16時ごろには終了した。配車された町田工業のトラック2台に積み込んで約半数を送り出す。残りは明日以降の運搬となる。夕方になるとやはり冷え込んできた。

乾燥して凛と立つボッチが茅場風景を引き立たせる

両肩に穂先を持って曳きだす

トラックに積み込んで世に出す


作業が終わって笑顔で

本日の宿は「民宿関ヶ原」

 感染防止のために、いつもの交流会は中止、夕食時に酒席を含めて少し長めの食堂の使用と席も密にならないように女将さんにお願いした。いつもより静かな夜は冷え込んで、朝、起きてみると真っ白な霜が一面に、霜柱も立っている。

 2日目は、十二様の前をきれいにして、しめ縄を張り、「山之口終い」の準備したあと、「ゆるぶの森」の散策に時間をかけて行った。

 コースは、この森で一番初めに若返り伐採をした「壮齢の森」で伐採した後の明るい森の状況を見て、キノコを種菌したところでキノコの採取、そしてブナの木のある森へ、この森にはブナが多くあっても不思議ではないがなぜか少なく3本、それでもブナの稚樹が頑張って育とうとしてる姿が見れる。途中、樹名板の付いた樹々で説明、動物の足跡もあって話題に事欠かない。この森は、適度な伐採もしているので林業のことも話せる。尾根に行くほど森の様子の違いや火入れなどの人の営みが作った土壌のクロボク土が露出しているところもあって話は縄文時代に飛ぶ。3分の1ほど行くと峠、茅場と集落と谷川岳、白毛門、笠ヶ岳、朝日岳の眺望がすばらしい、ビューポイントで休憩。此処では今年のススキの出来具合やススキの受粉のメカニズムなどを話題した。峠からは茅場に向かって下り、そこから十郎太沢を通って木馬道、もう一つのビューポイント、此処からは茅場が一望できる。そして北山さんが藤岡さんの白炭窯に到達、精錬(ねらし)に入った窯を見ながら炭焼きの作業工程などにについて説明。約2時間、3.5kmほどのコースである。

キノコのホダギで説明


食べ頃のナメコ

ビューポイントから茅場を一望


炭窯(白炭)

 このゆるぶの森では、34本のコースが散策でき、いずれも森のチカラの魅力にあふれている。散策のみでなく、今回のように茅場作業との組み合わせでココロとカラダを癒す森林浴を楽しむことが出来る。ぜひココロの病などのカウンセリングに使ってほしい。

この後、「山之口終い」神事を行い。今年の無事に終了したくさんの自然の恵みを得たことに感謝して今年度最後の茅場作業は終了した。

十二様に感謝

最後に今年の茅刈数を報告します。

  イベント刈  425束(85ボッチ)

  合宿刈り   550束(110ボッチ)

  藤原茅刈衆2,460束(492ボッチ)

 合計   3,435束(687ボッチ)

今年も目標の3000束(古民家一棟分)を世に出すことが出来ました。

                            文責 草野



2020年11月14日土曜日

自然の恵みをいただいて草紅葉と紅葉の茅場にボッチの林立する風景が・・・

 コロナ禍の中で青水は、緊張感を保ちながら活動を続けています。

今年度3回目となる活動は、茅場の保全活動の中で収穫の歓びが味わえる「茅刈」です。1031日、その歓びを味わうべく33名の参加者が上ノ原に集まりました。うち初参加者が6名と森林塾青水の知名度も高くなったようです。

 例年、まだ青いススキが多い中で刈って品質を落としていた反省から今年は 1週間ほど伸ばしてみましたが、今年のススキの生育は夏の天候不順の影響か、穂付きが悪く、雲越萬枝師匠は「この56年で一番悪い」とおっしゃっていました。確かに穂が小さく、ふさふさした穂を持つ例年のススキではありません。

                   

(穂が少ないススキとカラマツ林)

 

ススキの花は、花粉を風で運んで受粉させる風媒花なので受粉率は低く、その分群生して大量に花粉を生産します。

稲作の稲は、一か所にまとめて栽培され上に自家受粉が可能なので受粉率は90%にもなります。同じイネ科であるススキは同花受粉出来ないのでその受粉率は3割程度。受粉時期が終わると綿毛が出来て種を遠くまで飛ばします。受粉出来なかった種は飛ばないので種が残りふさふさした晩秋のススキの状態になるとされています。

今年の上ノ原のススキはふさふさした尾花が少なく、穂が貧弱です。専門家でない素人の推測ですが、受粉時期の天候の影響でなく、花の生育そのものが不良で、少ない花でも一生懸命受粉し、受粉出来なかった種が少なかったためふさふさの種が残っていないのではないだろうか。天候など気まぐれな自然環境を受け入れその中で精一杯子孫を残すために努力した結果だろうとなんだか愛おしくなり、いつかその時期に観察してみたくなりました。

さて、その茅刈、まずまずの天候で紅葉も見頃の中、まずは藤原茅刈衆の雲越萬枝師匠による一同を集めての茅刈講習です。

師匠の指導のポイントは、①茅の穂が出ていて、群生して育ちのいいところを狙い、そこに向かって刈進む。②刈る前にオミナエシ、ハギ、ヨモギなどの雑草(ゴミ)をあらかじめ取り除いておく。③刈るときは抱え狩り(稲刈りのようなつかみ狩りでは能率は上がらない)④二抱え(個人差あり)ぐらいで一束にして、ほかのやわらかそうな茅で縛る(縛り方の説明は難しいので省く)。⑤縛る場所は根から穂を除く全長の6割の高さで縛る。⑥束が一つでも自立できなきゃダメ。⑦5束を一ボッチにするとき丈夫そうな束を傾斜の下の方に置き、傾斜の上から抱きかかえて同じ束の茅(身内)をクロスさせて前で結ぶ。⑧穂のところも身内結び。⑨最後に各束を少し広げて安定させる。以上であるがこれは文章で説明するのは難しい。実際に見てやってみるしかない。この講習を受けて、参加者はそれぞれ散らばって茅刈。塾のスタッフの同行や、見回ってアドバイスしました。


(抱え刈り)


 
(身内の茅でクロスして縛る)

(穂先も縛る。茅出しではこれを持って曳きだす)
(穂先も縛る。茅出しではこれを持って曳きだす)

(理想的なボッチ)

(ススキ草原の草紅葉とミズナラ林の紅葉)

3時の休憩時には、会員の岡田さんの野点、内野さんの手作り饅頭が振舞われました。茅刈終了後には内野さんによるハーモニカ―が演奏され晩秋の草原に郷愁を誘うメロディーが流れていました。


 

(内野さんの手作り饅頭)
 
 今年も刈ったボッチ数に応じて飲水思源地域通貨「ボッチ券」200ボッチ券(日本円200円に相当)を還元することにしました。
(ボッチ券)

その数は2日間で85枚が配布されました。ボッチ券は、お米、大根、ヤーコン、手作りグッズなどの地元産物が買える仕組みで、2日目に藤原の野菜農家が上ノ原まで移動販売に来てくれて大賑わいでした。


(藤原の野菜農家の移動販売)

今回の宿泊はGo-Toトラベルでサンバードホテルとしたことも例年と違った取り組みです。温泉で疲れたからだを癒し、夕食の後の交流会では初参加の方の話題提供を中心に行われました。

2日目は、茅刈検定に6名が挑戦しました。茅刈検定は、2010年から始めて今年で5回目、これまで12名の茅刈士補が誕生している。検定時間は1時間、安全・茅刈の基礎技術、技術向上、高度技術、ボッチ数など17項目がチェックされる。今年は残念ながら茅刈士補は出ませんでした。


(鎌研ぎからチェック)

(受検者と検定者と記録者)

(受検者は飲水思源手拭帽子を着用)

(検定で出来たボッチ)

(ボッチづくり)

その後、茅刈を続け、昼食前の1時間ぐらいを「ゆるぶの森」の散策を行いました。このように作業後、あるいは作業と組み合わせて森を散策するための森林アメニティ―施設として遊歩道や座観場所を整備した森で、素晴らしい天然の色を見せつける紅葉と落ち葉の踏みしめ音を楽しみました。


(ゆるぶの森の座観場所で瞑想)

(カエデの黄色がまぶしい)

今年も自然の恵みをいただき、ボッチが林立する紅葉と草紅葉の上ノ原草原の風景(自然と人間の行為のマッチング)を見ることができました。

(ボッチの立つ茅場)

参加者一同が上ノ原を去ったと、8名が残留し古民家に合宿して113日まで茅刈を続けました。そして、その夜、上ノ原に降雪がありススキが寝てしまって茅刈がしにくくなったと萬枝師匠から報告を受けました。いよいよ冬到来です。     (草野記)


113日夜から初雪)